高山寺跡をたずねて 弘浪山
兵庫 丹波 氷上町


氷上町新郷付近から 


 氷上盆地を取りまく山々に弘浪山がある。南北に流れる加古川の西に位置し、特徴的な姿は何となく惹き
つけるものがある。
 中腹には高山寺があり、その参道を登ることにする。

登山口(猪柵を開けて入る) 気持ちのいい道
 稲継信号を西進、稲継西信号を左折、ゆめタウン前を北進し、桜公園で左折、加古川を渡って県道109号
に突き当たると左折、約100m左にシキミ屋さんがある。登山道はその向かいの猪柵がしまっている所なの
だが、車を停めるところがない。下山は柿柴側にするつもりだったので、車を下山地のお墓に停め、シキミ屋
さんまで歩くことにする。
 このところ朝方冷え込み、今日も車を降りて歩き始めたものの、風が強く体感温度はかなり低い。帽子を深
くかぶりマフラーで口を覆うが容赦なく寒風が頬を叩く。変な格好だが寒いので格好など気にしていられない。
 柿柴から上成松、黒田へと山裾を歩き、少しだけ車道脇の歩道を通り、猪柵を開けて山道に入る。初めはフ
ェンスに沿った水平の林道だが、ほんの数分で左へ鋭角に曲がった道がありそこへ入る。すぐに尾根のつづ
ら折れの道となる。直登すると急だが、ジグザグと登っていくのでそれほど急ではない。高度を上げていくと葉
の落ちた木々の間から山々が見えてきた。高見城山、金山、譲葉山。陽がさして明るく快適な道だ。 
 中学時代に遠足で高山寺跡に登った。登りは全く記憶がないが、下山は黒田だったのでこの道を下ったに
違いない。雑木の明るい道を歓声をあげながら下ったことだけを覚えている。
 
尾根から分水界の山々を望む(左から、五台山、愛宕山、五大山、中央は霧山、権現山、向山連山)
 日陰には雪が薄く残っている。気温が低いのでなかなか溶けない。
 猪柵から40分程で新郷からの尾根に出る。風がまともに当たる。下から雪が舞い上がってきた。南に石
金山、すぐ正面に白山のこぶが特徴的だ。弘浪山には大雨が降ったときだけできる幻の滝があるが、その
垂直の岩肌も正面に見える。「絶景やなぁ。」
 尾根は岩が多く、黒田庄の白山秋谷登山道の岩尾根に少し似ている。大きな岩の上に出ると、加古川を
隔てて分水界の山々や向山連山が連なっている。雪もよいで霞んでいるのが残念だ。南に目をやると、先
週登った尖った猿藪、丸い高山が黒い陰となっている。
 お日さまもいつのまにか雲の中。風がますます冷たい。
岩尾根を歩く 尾根から見る白山
 尾根の傾斜が緩くなると少し小広い所があり、そこから道は山腹を巻いて水平に近くなる。尾根は徐々に
上になり、道を誤ったような感さえする。しかし、尾根への道は確かになかった。しばらく歩くと植林の平坦地
に出る。見覚えのある所だ。
「高山寺跡や!」

 
高山寺跡

 石垣、水路などが目の前にある。奥の方に進むと、大きな銀杏の木がそびえている。里の人たちは、この銀
杏の葉が色づくと麦を蒔いたという。
 数年前の10月に訪ねたときは葉を付けていたので一番上まで見えず、どれほどの高さがあるかわからなか
ったが、葉を落とした銀杏はかなりの高さだった。高山寺は昭和33年までここにあったのだが、この銀杏は寺
跡を守るかのように今も静かに生きている。今は杉が大きくなり、うっそうとして暗いが、中学生の頃は明るか
ったなぁ。杉に押されて銀杏が枯れてしまわないか案じられる。歴代ご住職のお墓に手を合わせ、寺跡を後に
する。高山寺跡は標高約400mなので、520mの弘浪山頂へはまだ登らなければならない。
大イチョウ 歴代住職さんのお墓
 尾根の途中から新郷側の谷から犬の吼える声が聞こえ、それが段々近づいてくるように思える。猟犬かもし
れない。途中から無線機をAMラジオにし、ときどき声をあげながら警戒する。
 植林の中をよじ登ると見覚えのある鎖を張り巡らした尾根に出る。南にしばらく歩き、いったん下って登り返
すと「弘浪山520m」の標識が枝に掛かっている。西に篠が峰が大きく迫る。その左に白い千ヶ峰。一番近い
東峰山はちょっと尖っている。
 眼下には左に氷上カントリー、弘浪山から西に延びる尾根を隔てて右に関西記念墓園。三角点はここから
少し離れた尾根の南東端にあるので、そこまで行ってみる。展望は南に白山。さきほどの標識の所へ戻って
お昼にする。ラーメンを作りながら伝言板を見るとみーとさんが千ヶ峰にいるらしい。あちらは吹雪とのことだ
ががいるところも寒い。手袋を着けていないと指がかじかみ感覚がなくなる。ラーメンで温まり、早々に荷物
をまとめる。
山頂から西の展望
 鎖に沿って北へ歩き、尾根が西へ方向を変えるところから東へ下りる。道はないので、斜面を適当に下っ
ていくと、柿柴への下山口となる鞍部へ降り立つ。ここからは割合広い旧参道をジグザグと下りていく。倒
木が道をふさいでいるところもあるが、リヤカーでも通れそうなくらいの広い道である。昭和33年にお寺が
移築されてからはこの道を歩く人もなくなっただろうが、30年やそこらでなくなってしまう道ではない。
 昨年、丹波新聞に高山寺の上井寛園老師が手記を連載をされていた。毎週、読むのを楽しみにしていた
がその中には、高山寺での生活も書かれていた。いったい何度この道を行き来されたことだろう。
 
柿柴側から登るとここへ出る 山水を引いた水道跡
 谷に下りると小さな流れに沿った道になる。10月に歩いたときには笹や草に覆われてダニの攻撃をうけた
所だ。倒木をまたいだり、雪が積もった石で滑らないようにしながら注意深く下りる。
 
水の音が大きくなってくると歩きやすくなり、道の真ん中にコンクリートが現れる。村へ水を引いた水道跡だ。
ほんの数分で石碑のある参道入り口。お墓に置いた車が見えてきた。
石碑うしろの道から下りてきた 高山寺への参道
 お墓から北にまっすぐ下りると、道路脇に「高山寺」と書かれた石碑が建っている。明治に参道改修の記念
に建立されたらしい。現在は安全山の麓、常楽の地に移築されているが、往時は参拝者がこの石碑を見なが
ら高山寺をめざしたに違いない。


行った日 03 1/25(日)
行った人 たぬき二人
山行タイム 新郷登山口9:35〜高山寺跡10:35ー10:45〜山頂11:10ー
11:50〜柿柴12:40
2.5万図 柏原、黒井